令和元年/2019年6月19日(水)、ボクシング井岡一翔がWBO世界スーパーフライ級王座決定戦の試合を行い、再度日本人初となる4階級制覇に挑戦します。

対戦相手は同級1位のアストン・パリクテ(フィリピン)です。

試合状況や途中経過、勝敗は?

井岡一翔 世界戦の速報、結果、成績、動画、そして試合時間、テレビ放送(ライブ、実況、中継)、戦績について見て行きましょう。

ボクシング井岡一翔 世界戦の日程、試合時間、開催地(会場)

日程:2019年6月19日(水)

試合開始時間:21時10分頃~

開催地(会場):千葉県(幕張メッセ)

テレビ放送(ライブ、実況、中継)/TBS

テレビ放送については以下の通りです。

TBS

2019年6月19日(水):21時00分~



<スポンサーリンク>

井岡一翔、アストン・パリクテの戦績(成績)

井岡一翔、アストン・パリクテの戦績について見てみましょう。

井岡一翔

井岡一翔にとって今回の試合に勝利すれば日本人初の4階級制覇となります。

井岡一翔と言えば、世界最速で3階級制覇を成し遂げたボクサーです。

井岡一翔の戦績:25試合23勝(13KO)2敗

主な獲得タイトル:WBC世界ミニマム級王座、WBA世界ミニマム級王座、WBA世界ライトフライ級王座、WBA世界フライ級王座、WBCスーパーフライ級シルバー王座

ランキング:WBC世界スーパーフライ級2位

井岡のWBA世界フライ級王座獲得以降の戦績は以下の通りとなっております。

試合日 勝敗 内容 対戦相手 戦績
2015年4月22日 勝利 判定:2-0 ファン・カルロス・レベコ WBA世界フライ級王座獲得
2015年9月27日 勝利 判定:3-0 ロベルト・ドミンゴ・ソーサ 防衛
2015年12月31日 勝利 11RTKO ファン・カルロス・レベコ 防衛
2016年7月20日 勝利 11RTKO キービン・ララ 防衛
2016年12月31日 勝利 7RTKO スタンプ・キャットニワット 防衛
2017年4月23日 勝利 判定3-0 ノックノイ・シップラサート 防衛
2018年9月8日 勝利 判定3-0 マックウィリアムズ・アローヨ WBCスーパーフライ級シルバー王座
2018年12月31日 敗北 判定1-2 アストン・パリクテ WBOスーパーフライ級王座

アストン・パリクテ(フィリピン)

アストン・パリクテはフィリピンのボクサーです。

アストン・パリクテの戦績:28戦25勝(21KO)2敗1分

獲得タイトル:IBF世界スーパーフライ級ユース王座、IBF環太平洋スーパーフライ級王座、WBOインターコンチネンタルスーパーフライ級王座

ランキング:WBC世界スーパーフライ級1位

ボクシング『井岡一翔 vs  アストン・パリクテ』世界戦の速報、結果、勝敗/WBO世界スーパーフライ級王座決定戦

WBO世界スーパーフライ級王座決定戦『井岡一翔 vs アストン・パリクテ』の速報、結果、勝敗をここでお知らせします。

〇井岡一翔 10R.TKO ×アストン・パリクテ

1R:中盤井岡のボディが当たる。後半パリクテの右ストレートが当たる。

2R:パリクテが井岡のジャブにカウンターを合わせる。パリクテのコンビネーションを井岡がガード。井岡のボディも当たる。

3R:井岡の左フックが当たる。井岡はジャブを繰り出すがパリクテのガードは固い。ここまでで両者決定打は無し。

4R:このラウンドパリクテが前に出る。前に出たところを井岡の左ボディがパリクテをとらえる。

5R:このラウンドパリクテは距離をとる。井岡が左ボディから右ストレートを当てる。

6R:このラウンド井岡が中に入って行く場面が多くなる。

7R:このラウンドパリクテが一気に前に出る。井岡が打ち合いに応戦。パリクテが後半疲れたか動きが止まる。

8R:井岡のジャブ、右ボディストレートが当たる。パリクテは疲れが見える。

9R:井岡の左ボディはガードされる。井岡のアッパーが当たる。パリクテは7R以降は動きが鈍い。

10R:井岡の右ストレート一閃、パリクテがぐらつき井岡が一気に前に出る。井岡の連打をパリクテは防げずレフェリーストップ。試合終了。

日本初の4階級制覇達成!

ボクシング『井岡一翔 vs  アストン・パリクテ』世界戦の試合動画

世界スーパーフライ級王座決定戦『井岡一翔 vs アストン・パリクテ』の試合動画をここで紹介します。



<スポンサーリンク>