スポンサーリンク

令和6年、名古屋ウィメンズマラソン兼ジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズ・GSが開催されます。

レースの状況や途中経過、優勝者は?

リアルタイム速報、結果/リザルト、順位、記録/タイム、成績について掲載します。

名古屋ウィメンズマラソン2024

名古屋ウィメンズマラソン2024について記載します。

出場選手、招待選手、エリート一般、ペースメーカー

招待選手、エリート出場選手について記載します。

※発表まで昨年の出場選手を記載します。

海外招待選手

①ルース・チェプンゲティッチ(ケニア):自己ベスト 2時間14分18秒

②ナンシー・ジェラガト(ケニア):自己ベスト 2時間19分31秒

③モリー・セイデル(アメリカ):自己ベスト 2時間24分42秒

④エロイーズ・ウェリングズ(オーストラリア):自己ベスト 2時間25分10秒

⑤カタリナ・スタインラック(ドイツ):自己ベスト 2時間25分59秒

⑥リ・シケン(中国):自己ベスト 2時間26分15秒

⑦チョウ・シンエン(中国):自己ベスト 2時間26分56秒

⑧チョウ・トクジュン(中国):自己ベスト 2時間27分01秒

⑨イソベル・バットドイル(オーストラリア):自己ベスト 2時間28分10秒



国内招待選手

①鈴木亜由子(JR日本郵政G):自己ベスト 2時間22分02秒

②上杉真穂(スターツ):自己ベスト 2時間22分29秒

③谷本観月(天満屋):自己ベスト 2時間23分11秒

④前田穂南(天満屋):自己ベスト 2時間23分30秒

⑤鈴木優花(第一生命グループ):自己ベスト 2時間25分02秒

ペースメーカー

①シニード・ダイバー:自己ベスト 2時間21分34秒

②シャーロット・パデュー(イギリス):自己ベスト 2時間23分26秒

③オマレ・ドルフィンニャポケ(ユー・エス・イー):自己ベスト 1時間07分56秒(ハーフ)

エリート一般

①池田千晴(日立) ②和久夢来(ユニバーサルエンターテインメント) ③池満綾乃(鹿児島銀行) ④竹山楓菜(センコー) ⑤棚池穂乃香(大塚製薬) ⑥小井戸涼(日立) ⑦西谷沙綾(大塚製薬) ⑧サク・クライン(オーストラリア) ⑨松田杏奈(三井住友海上) ⑩佐藤奈々(スターツ) ⑪ビバリー・ラモス(プエルトリコ) ⑫西川真由(スターツ) ⑬福居紗希(三井住友海上) ⑭筒井咲帆(ヤマダホールディングス) ⑮堀江美里(シスメックス) ⑯関谷夏希(第一生命グループ) ⑰小林香菜(前橋市陸協) ⑱清田真央(スズキ) ⑲サラ・パガーノ(アメリカ) ⑳チェ・ジュンユン(韓国) ㉑青木奈波(岩谷産業) ㉒枚田茉優(ワコール) ㉓藤田愛子(愛知電機) ㉔藤澤舞(札幌エクセルAC) ㉕森田歩実(センコー) ㉖青山瑠衣(ユニバーサルエンターテインメント) ㉗光恒悠里(十八親和銀行) ㉘松村幸栄(コモディイイダ) ㉙伊藤舞(大塚製薬) ㉚西原加純(シスメックス) ㉛澤畠朋美(埼玉陸協) ㉜吉田香澄(愛知電機) ㉝大渕芽亜里(ユナイテッドアスリーツ) ㉞近藤瞳(東京陸協) ㉟山賀瑞穂(大東文化大) ㊱廣川風佳(サウルスジャパン) ㊲横田知佳(宇部市陸協) ㊳田中友里(大阪陸協) ㊴横山友里乃(ランコレクション) ㊵田中礼美(平塚市陸協) ㊶奥山紗帆(浜松ホトニクスRC) ㊷黒田なつみ(GRlab関東) ㊸シャ・チンホー(台湾) ㊹佐野亜友美(静岡陸協) ㊺渥美莉紗子(庄内RT) ㊻佐藤京子(庄内RT) ㊼野永美咲(東京陸協) ㊽川村綾(札幌陸協) ㊾七田陽子(AILE RC) ㊿北谷友梨佳(愛知県庁クラブ) 51.右田有奈(ジャパンクリエイト)

リアルタイム速報、結果、順位、記録/タイム

速報、結果、順位、記録/タイムをこちらでお知らせします。

■2023年結果

スタートしました

5km地点通過タイム:16分19秒

10km地点通過タイム:38分57秒

15km地点通過タイム:49分00秒

30km地点通過タイム:1時間37分51秒

35km地点通過タイム:1時間57分40秒、前田穂南は現在第3位

優勝:ルースチェプンゲティッチ(ケニア) 2時間18分08秒

第2位:鈴木亜由子(日本郵政GP) 2時間21分52秒

第3位:前田穂南(天満屋) 2時間22分32秒

第4位:張徳順(中国) 2時間24分05秒

第5位:上杉真穂(スターツ) 2時間24分16秒

40km地点通過タイム:2時間10分22秒

優勝者、最終成績

優勝者、最終成績をここでお知らせします。

■2023年結果

優勝:ルースチェプンゲティッチ(ケニア) 2時間18分08秒

第2位:鈴木亜由子(日本郵政GP) 2時間21分52秒

第3位:前田穂南(天満屋) 2時間22分32秒

第4位:張徳順(中国) 2時間24分05秒

第5位:上杉真穂(スターツ) 2時間24分16秒

40km地点通過タイム:2時間10分22秒

■2022年結果

優勝:ルース・チェプンゲティッチ(ケニア) 2時間17分18秒 大会新

第2位:ロナチェムタイ・サルピーター(イスラエル) 2時間18分44分

第3位:安藤友香(ワコール) 2時間22分22秒

第4位:細田あい(エディオン) 2時間24分26秒 自己新

第5位:鈴木優花(大東文化大学) 2時間25分02秒 学生新

■2021年結果

優勝:松田瑞生(ダイハツ) 2時間21分51秒

第2位:佐藤早也伽(積水化学) 2時間24分32秒

第3位:松下菜摘(天満屋) 2時間26分26秒

第4位:和久夢来(ユニバーサルエンターテインメント) 2時間26分30秒

第5位:田中華絵(資生堂) 2時間26分49秒

■2020年結果

優勝:一山麻緒(ワコール) 2時間20分29秒 日本歴代4位

第2位:安藤友香(ワコール) 2時間22分41秒

第3位:ピュアリティー・リオノリポ(ケニア) 2時間22分56秒

第4位:ヒルト・ダンテ(エチオピア) 2時間23分17秒

第5位:佐藤早也伽(積水化学) 2時間23分27秒

一山麻緒(ワコール) 東京オリンピック日本代表決定