2021年/令和2年度(令和3年)、第49回全日本実業団ハーフマラソン大会が山口県で開催されます。

男子、女子のレース状況や途中経過、優勝者は?

競技の速報、結果/リザルト、順位、記録/タイム、成績、そして日程、スタート時間、コース、テレビ放送(実況、中継、地上波)、ライブ動画配信、出場者のエントリーについて見ていきましょう。

全日本実業団ハーフマラソン2021の日程、スタート時間

全日本実業団ハーフマラソン2021の日程、スタート時間については以下の通りとなっております。

日程:2021年2月14日(日)

男子のスタート時間:10時00分~

女子のスタート時間:10時05分~

新型コロナウイルスによる延期、中止、無観客開催の可否

新型コロナウイルスにより、女子10kmマラソンは中止となりました。

テレビ放送(実況、中継、地上波)、ライブ動画配信|TBS

テレビ放送予定については以下の通りとなっております。

TBS

2021年2月14日(日)|14時00分~15時24分




コース、コース図(マップ)、高低差

コース、コース図、高低差についてはこちらを参照ください。

⇒コース

招待選手、出場選手(出場者)のエントリー

エントリーについては発表され次第更新します。

男子招待選手

①古賀淳紫(安川電機):自己ベスト 1:00:49

②鈴木大貴(YKK):自己ベスト 1:00.50

③中村高洋(京セラ鹿児島):自己ベスト 1:00.57

女子招待選手

①筒井咲帆(ヤマダホールディングス):自己ベスト 1:09.14

②福良郁美(大塚製薬):自己ベスト 1:09.58

男子ハーフマラソン出場選手

男子ハーフ出場者

女子ハーフマラソン出場選手

女子ハーフ出場者

女子10km出場選手|中止

※今大会は女子10kmマラソンは中止となりました。

男子の速報、結果/リザルト、順位、記録(タイム)

男子の速報、結果/リザルト、順位、記録(タイム)をここでお知らせします。

5km地点通過タイム:14分19秒、先頭は村山謙太

10km地点通過タイム:28分30分

優勝:ワンブイ(NTT西日本) 1時間00分12秒

第2位:市田孝(旭化成) 1時間00分19秒

第3位:キマニ(コモディイイダ) 1時間00分30秒

第4位:古賀淳紫(安川電機) 1時間01分13秒

第5位:野中優志(大阪ガス) 1時間01分14秒

※昨年度結果

5km地点通過タイム:14分33秒、R.ジェームス、西山雄介、小松巧弥

10km地点通過タイム:28分43秒、R.ジェームス、清谷匠、西山雄介

15km地点通過タイム:43分00秒、R.ジェームス、堀合大輔、馬場祐輔

優勝:R.ジェームス(中央発條) 1:00:27

第2位:古賀淳紫(安川電機) 1:00:49

第3位:鈴木大貴(YKK) 1:00:50

第4位:P.ムワカ(愛三工業) 1:00:53

第5位:木村慎(Honda) 1:00:54

女子の速報、結果/リザルト、順位、記録(タイム)

女子の速報、結果/リザルト、順位、記録(タイム)をここでお知らせします。

5km地点通過タイム:16分47秒、先頭は小原怜、矢野栞理、松下菜摘、安藤友香、森田香織、森智香子

15km地点通過タイム:49分56秒

優勝:安藤友香(ワコール) 1時間09分54秒

第2位:筒井咲帆(ヤマダホールディングス) 1時間10分10秒

第3位:原田紋里(第一生命グループ) 1時間10分17秒

第4位:松下菜摘(天満屋) 1時間10分18秒

第5位:福良郁美(ユニクロ) 1時間10分21秒

※昨年度結果

5km地点通過タイム:16分46秒、足立由真、堀優花、萩原歩美

10km地点通過タイム:33分09秒、萩原歩美、池満綾乃、出水田眞紀

15km地点通過タイム:49分35秒、池満綾乃、竹山楓菜、筒井咲帆

優勝:竹山楓菜(ダイハツ) 1:09:12

第2位:筒井咲帆 1:09:14

第3位:池満綾乃 1:09:16

第4位:市川珠季 1:09:55

第5位:福良郁美 1:09:58

女子10kmの速報、結果/リザルト、順位、記録(タイム)|中止

女子10kmの速報、結果/リザルト、順位、記録(タイム)をここでお知らせします。

※今大会は女子10kmマラソンは中止となりました。

※一昨年度結果

優勝:ZEYITUNA HUSAN 32:36

第2位:堀優花 32:54

第3位:大同美空 33:01

第4位:宇田川侑希 33:07

第5位:川口桃佳 33:11

全日本実業団ハーフマラソン2021の優勝者、最終成績

全日本実業団ハーフマラソン2021の優勝者をここに掲載します。