2021年/令和3年度、バドミントン『BWFワールドツアーファイナルズ』がインドネシアで開幕します。

男子のシングルス、ダブルス、混合ミックスダブルスの状況や経過、日本代表、桃田賢斗の成績は?

男子の速報、結果、順位表、組み合わせ、ドロー対戦表について掲載します。

BWFワールドツアーファイナルズ2021-2022 男子日本代表、出場選手/出場者

男子日本代表選手についてここに記載します。

組み合わせ、ドロー対戦表

組み合わせについては後の記事に掲載します。

男子シングルスの速報、結果

男子シングルスの速報、結果をここでお知らせします。

※競技が確定するまで昨年度の結果を記載します。

グループA

選手名 順位
①Viktor AXELSEN(デンマーク) 〇2-0 〇2-0 〇2-0 1
②CHOU Tien Chen(チャイニーズタイペイ) ×0-2 〇2-1 〇2-0 2
③LEE Zii Jia(マレーシア) ×0-2 ×1-2 ×1-2 4
④Anthony Sinisuka GINTING(インドネシア) ×0-2 ×0-2 〇2-0 3

グループB

選手名 順位
①Anders ANTONSEN(デンマーク) ×0-2 〇2-0 〇2-1 2
②WANG Tzu Wei(チャイニーズタイペイ) 〇2-0 〇2-0 〇2-1 1
③NG Ka Long Angus(香港) ×0-2 ×0-2 〇2-1 3
④KIDAMBI Srikanth(インド) ×1-2 ×1-2 ×1-2 4

準決勝/ベスト4

①〇Viktor AXELSEN(デンマーク) 2-0 ×CHOU Tien Chen(チャイニーズタイペイ)

選手名
Viktor AXELSEN
CHOU Tien Chen 16 9 0

②〇Anders ANTONSEN(デンマーク) 2-1 ×WANG Tzu Wei(チャイニーズタイペイ)

選手名
Anders ANTONSEN 14
WANG Tzu Wei 18 16 0

決勝戦

決勝戦:×Viktor AXELSEN(デンマーク) 1-2 〇Anders ANTONSEN(デンマーク)

選手名
Viktor AXELSEN 16 17 1
Anders ANTONSEN 5

男子シングルスのメダル、優勝者、最終順位

優勝:Anders ANTONSEN(デンマーク)

準優勝:Viktor AXELSEN(デンマーク)

第三位:CHOU Tien Chen(チャイニーズタイペイ)、WANG Tzu Wei(チャイニーズタイペイ)




男子ダブルスの速報、結果

男子ダブルスの速報、結果をここでお知らせします。

※競技が確定するまで昨年度の結果を記載します。

グループA

選手名 順位
①LEE/WANGペア(チャイニーズタイペイ) 〇2-0 〇2-0 〇2-0 1
②ONG/TEOペア(マレーシア) ×0-2 〇2-0 ×0-2 3
③Marcus/Chrisペア(イングランド) ×0-2 ×0-2 ×0-2 4
④Ben/Seanペア(イングランド) ×0-2 〇2-0 〇2-0 2

グループB

選手名 順位
①Aaron/SOHペア(マレーシア) ×1-2 ×0-2 〇2-0 4
②Mohammad/Hendraペア(インドネシア) 〇2-1 〇2-1 ×0-2 1
③Vladimir/Ivanペア(ロシア) 〇2-0 ×1-2 ×1-2 3
④CHOI/SEOペア(韓国) ×0-2 〇2-0 〇2-1 2

準決勝/ベスト4

①〇LEE/WANGペア(チャイニーズタイペイ) 2-0 ×Ben/Seanペア(イングランド)

選手名
LEE/WANG 15
Ben/Sean 11 10 1

②〇Mohammad/Hendraペア(インドネシア) 2-0 ×CHOI/SEOペア(韓国)

選手名
Mohammad/Hendra
CHOI/SEO 21 13 0

決勝戦

決勝戦:〇LEE/WANGペア(チャイニーズタイペイ) 2-0 ×Mohammad/Hendraペア(インドネシア)

選手名
LEE/WANG
Mohammad/Hendra 17 21 0

男子ダブルスのメダル、優勝者、最終順位

優勝:LEE/WANGペア(チャイニーズタイペイ)

準優勝:Mohammad/Hendraペア(インドネシア)

第三位:Ben/Seanペア(イングランド)、CHOI/SEOペア(韓国)