2021年/令和3年度、バドミントン『BWFワールドツアーファイナルズ』がインドネシアで開幕します。

女子のシングルス、ダブルス、混合ミックスダブルスの状況や経過、日本代表、山口茜の成績は?

女子の速報、結果、順位表、組み合わせ、ドロー対戦表について掲載します。

BWFワールドツアーファイナルズ2021-2022 女子日本代表、出場選手/出場者

女子日本代表選手、出場選手については以下の通りです。

女子シングルス

①山口茜(日本) ②Pornpawee CHOCHUWONG(タイ) ③Busanan ONGBAMRUNGPHAN(タイ) ④PUSARLA V.Sindhu(インド) ⑤Line CHRISTOPHERSEN(デンマーク) ⑥AN Seyoung(韓国) ⑦YEO Jia Min(シンガポール) ⑧Yvonne LI(ドイツ)

女子ダブルス

①志田・松山ペア(日本) ②Jongkolphan・Rawindaペア(タイ) ③Gabriela・Stefaniペア(ブルガリア) ④Chloe・Laurenペア(イングランド) ⑤Ashwini・REDDYペア(インド) ⑥KIM・KONGペア(韓国) ⑦Pearly・THINAAHペア(マレーシア) ⑧Greysia/Apriyani(インドネシア)

組み合わせ、ドロー対戦表

組み合わせについては後の記事に掲載します。

女子シングルスの速報、結果|山口茜

女子シングルスの速報、結果をここでお知らせします。

グループA

選手名 順位
①Pornpawee CHOCHUWONG(タイ) 〇2-1 〇2-0 〇2-0 1
②PUSARLA V.Sindhu(インド) ×1-2 〇2-0 〇2-0 2
③Line CHRISTOPHERSEN(デンマーク) ×0-2 ×0-2 〇2-0 3
④Yvonne LI(ドイツ) ×0-2 ×0-2 ×0-2 4

グループB

選手名 順位
①山口茜(日本) 〇2-0 〇2-1 〇2-0 1
②Busanan ONGBAMRUNGPHAN(タイ) ×0-2 ×0-2 〇2-0 3
③AN Seyoung(韓国) ×1-2 〇2-0 〇不戦勝 2
④YEO Jia Min(シンガポール) ×0-2 ×0‐2 ×棄権 4

準決勝|ベスト4

①×Pornpawee CHOCHUWONG(タイ) 0-2 〇AN Seyoung(韓国)

選手名
Pornpawee CHOCHUWONG 23 17 0
AN Seyoung

〇PUSARLA V.Sindhu(インド) 2-1 ×山口茜(日本)

選手名
PUSARLA V.Sindhu 15
山口茜 15 19 1

決勝戦

決勝戦:〇AN Seyoung(韓国) 2-0 ×PUSARLA V.Sindhu(インド)

選手名
AN Seyoung
PUSARLA V.Sindhu 16 12 0

女子シングルスのメダル、優勝者、最終順位

優勝:AN Seyoung(韓国)

準優勝:PUSARLA V.Sindhu(インド)

第三位:山口茜(日本)、Pornpawee CHOCHUWONG(タイ)

※昨年度結果

優勝:TAI Tzu Ying(チャイニーズタイペイ)

準優勝:Carolina MARIN(スペイン)

第三位:AN Se Young(韓国)、Pornpawee CHOCHUWONG(タイ)




女子ダブルスの速報、結果|志田・松山ペア

女子ダブルスの速報、結果をここでお知らせします。

グループA

選手名 順位
①Jongkolphan/Rawindaペア(タイ) ×1-2 ×0‐2 ×0-2 4
②KIM/KONG(韓国) 〇2-1 〇2-0 〇2-0 1
③Pearly・THINAAH(マレーシア) 〇2‐0 ×0-2 ×0-2 3
④Greysia/Apriyani(インドネシア) 〇2-0 ×0-2 〇2-0 2

グループB

選手名 順位
①志田・松山(日本) 〇2-0 〇2-0 〇2-0 1
②Gabriela・Stefani(ブルガリア) ×0-2 〇2-0 〇2-0 2
③Chloe/Lauren(イングランド) ×0-2 ×0-2 ×1-2 4
④Ashwini・REDDY(インド) ×0-2 ×0-2 〇2-1 3

準決勝|ベスト4

〇KIM・KONGペア(韓国) -棄権 ×Gabriela・Stefaniペア(ブルガリア)

選手名 S
KIM/KONG
Gabriela・Stefani 0

②×Greysia・Apriyaniペア(インドネシア) 1-2 〇志田・松山ペア(日本)

選手名 S
Greysia/Apriyani 14 21 1
志田・松山 13

決勝戦

決勝戦:×志田・松山ペア(日本) 0-2 〇KIM・KONGペア(韓国)

選手名 S
志田・松山 14 14 0
KIM・KONG

女子ダブルスのメダル、優勝者、最終順位

優勝:KIM・KONGペア(韓国)

準優勝:志田・松山ペア(日本)

第三位Gabriela・Stefaniペア(ブルガリア)、Greysia/Apriyaniペア(インドネシア)

※昨年度結果

優勝:LEE/SHINペア(韓国)

準優勝:KIM/KONGペア(韓国)

第三位:CHOW/LEEペア(マレーシア)、Jongkolphan/Rawindaペア(タイ)