2017年(平成29年)、『第71回福岡国際マラソン選手権大会』が開催されます!

川内優輝、神野大地など日本人選手の状況や途中経過、優勝者、MGC出場権が気になります!

福岡国際マラソン2017の速報、結果、順位、そして日程、スタート時間、テレビ放送(ライブ、実況、中継)、招待選手について見ていきましょう!

福岡国際マラソン2017の日程、スタート時間!

福岡国際マラソン2017の日程、スタート時間については以下の通りとなっております!

日程:2017年12月3日(日)

スタート時間:12時10分

 

福岡国際マラソン2017のテレビ放送、放送予定(ライブ、実況、中継)は?

福岡国際マラソン2017のテレビ放送については以下の通りとなっております!

テレビ朝日系列

12月3日(日):12時00分~



<スポンサーリンク>

福岡国際マラソン2017に出場する招待選手、ペースメーカー!

福岡国際マラソン2017に出場する招待選手、ペースメーカーについては以下の通りとなっております!

海外招待選手

①イエマネ・ツェガエ(エチオピア)

②スティーブン・キプロティク(ウガンダ)

③ラニ・ルット(ケニア)

④アマヌエル・メセル(エリトリア)

⑤ソンドレノールスタッド・モーエン(ノルウェー)

⑥パウロ・パウラ(ブラジル)

国内招待選手

①ビダン・カロキ(DeNA)

②佐々木悟(旭化成)

③川内優輝(埼玉県庁)

④メラク・アベラ(黒崎播磨)

⑤深津卓也(旭化成)

⑥大迫傑(Nike ORPJT)

⑦園田隼(黒崎播磨)

ペースメーカー

①ドミニク・キプタルス(ケニア)

②エリウド・マチャリア(ケニア)

③マリウス・キプセレム(ケニア)

④ブレット・ロビンソン(オーストラリア)

⑤ジョエル・ムァゥラ(黒崎播磨)

⑥チャールズ・ドゥング(小森コーポレーション)

 

神野大地が初マラソンに挑戦!

箱根駅伝の第5区で区間新記録をマークした三代目山の神『神野大地』が本大会で初マラソンにチャレンジします!

エントリーは以下の通りです!

神野大地:国内一般参加No.157

 

福岡国際マラソン2017の速報、結果(リザルト)、順位、記録(タイム)!

福岡国際マラソン2017の速報、結果(リザルト)、順位、記録(タイム)をここでお知らせします!

5キロ地点:川内、神野、大迫、設楽は先頭集団に。

15キロ地点:先頭集団から設楽、飛松が遅れる。

17キロ地点:川内が先頭集団から遅れ始める。

21キロ地点:佐々木、園田、神野が先頭集団から遅れる。

22キロ地点:大迫、佐藤、深津、竹ノ内は先頭集団でレースを進める。

29キロ地点:佐藤、深津、竹ノ内が先頭集団から遅れ始める。

37.5キロ地点:1位 モーエン 2位 カロキ 3位 キプロティク 4位 大迫傑

39キロ地点:1位 モーエン 2位 キプロティク 3位 大迫傑

大迫傑は2時間06分代のペース!

40キロ地点:大迫傑のフィニッシュ予想タイム2時間06分56秒

モーエンがマラソンゲートをくぐる!

結果速報!

1位:ソンドレノールスタッド・モーエン(ノルウェー) 2時間05分48秒!

2位:スティーブン・キプロティク(ウガンダ) 2時間07分10秒!

3位:大迫傑 2時間07分19秒! MGC出場権獲得!

4位:ビダン・カロキ 2時間09分44秒!

5位:アマヌエル・メセル 2時間09分21秒!

6位:上門大祐 2時間09分27秒! MGC出場権獲得!

7位:竹ノ内佳樹 2時間10分01秒 MGC出場権獲得!

9位:川内優輝

13位:神野大地 

 

川内優輝、神野大地の結果、順位、記録!

川内優輝、神野大地の結果、順位、記録についてもここでお知らせします!

川内優輝:第9位 2時間10分53秒

神野大地:第13位 2時間12分50秒

 

MGC出場権獲得の結果は?

2020年東京オリンピックマラソンの代表を決定する『MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)』の出場権獲得の結果についてもここでお知らせします!



<スポンサーリンク>